JACOB COHËNは1985年イタリアポンテロンゴ(パドヴァ)で生まれました。
「デニム時代」といわれる2003年にブランドを引き継いだNicola Bardelle氏は、ジーンズはワークパンツではなく「ライフスタイル」であるという新しい感覚を打ち出し「ジーンズを着慣れていない人々でもシーンを選ばずに着ることが出来る。

快適かつエレガントなジーンズを創ること」をターゲットにしています。
パーフェクトなフィッティングとモデルを常に模索するヤコブ コーエン。

ジーンズでありながらスラックスの仕様を取り入れるなど、
そのこだわり方と細かい仕様には、目を見張るものがある。
デニム地は世界的にも評価が高い日本からわざわざ輸入し、イタリアの工場で仕立てている。
戻る